Works

2018/04/04

《ガイドブック制作》五島市文化資産を活用した滞在型観光プラン企画・開発等業務委託

【五島知(ごとうち)ドリル完成!】

昨年夏に近畿日本ツーリストさんとのJVで採択された五島市観光物産課のお仕事が無事に完了しました。
テーマは五島市の日本遺産コンテンツを用いた旅行商品の開発と、それに伴う観光ガイドブックの制作。
旅行商品を近ツリさん、ガイドブックをチーム後藤で担当させて頂きました。

空海が遣唐使の最後に立ち寄り、戻ってきた際にも最初に寄った場所として、日本遺産が認めた五島市の3つの資源。これらを軸にしたガイドブックということで、どういう仕立てがよいかとプレゼンの時点でかなり考え、「空海好き=知的好奇心旺盛な人」ということで、観光ガイドブックとしてはあまり見かけない「ドリル形式」にしました。


主だったスポットを□□にして書き込めるようにしたり、


カメラマンが教えてくれる撮影のポイントが載っていたり、


遣唐使と空海の関係がおさらいできたり。

御朱印や旅のチケットが貼れたりと、この一冊で色々学べ、かつ思い出が一冊に詰め込めるようになっています。

また、こうした事業でよくあるのが「地元の人が意外と知らない」ということ。
そのため、地元有識者や高校生にも参加してもらい、観光素養として、受け入れる側も日本遺産を含めた「五島のことをあらためて知る」というコンセプトのもと、「ご当地=五島知」というタイトルで事業を走らせました。

この1年ほど、空海が五島に降り立ったエビデンス探しで皆様にも色々とご協力頂き、本当にありがとうございました。
初回1000部と少なめなので、あっという間にはけると思いますが、見かけたらぜひ手に取って頂けますと幸いです。